前へ
次へ

体がだるいと思っていたら鉄分不足だった

社会人になり仕事で忙しくしていると、どうしても食事は外で取るようになってしまいました。家で食事をする時でも、カップ麺やコンビニ弁当が多く、栄養のバランスが良くないと感じていました。このような食生活が続いたせいで病気でないのに、なんとなく体がだるく、朝もなかなか起きる事が出来なくなりました。このような時に、会社の健康診断があり、鉄分不足だという事が分かったのです。簡単に鉄分をとれるサプリの利用も考えたのですが基本は食事だと思い、鉄分の多い食材を調理するようになりました。ヘム鉄を多く含む豚や牛、鶏のレバーを使った料理を作っていました。この他にも、毎日食べやすい卵や煮干し、鰹節なども常備するようにしました。そして、非ヘム鉄を多く含む小松菜やブロッコリー、ほうれん草も意識して料理しました。非ヘム鉄を含む食材としてバナナがあるので、バナナは欠かさないようにしていました。こうした食事を中心にしながら、どうしても鉄分を摂れない場合は、サプリも利用しました。おかげで、今は倦怠感も無く、仕事に集中できています。

Page Top